バスバー 【ばすばー】

【バスバー】とは、電流の通り道となる太陽電池セル表面に走っている細長い線のことをいいます。バスバーの本数を増やしたり、バスバーとバスバーの間隔を狭めたりすることにより、よりたくさんの電力を得ることができます。

用語集へ戻る