余剰電力 【よじょうでんりょく】

【余剰電力】とは、累積の電力使用量との比較ではなく、実際に太陽光発電から電力系統(電力会社の送配電網)に流れた電気の量を指し、発電の能力が需要を上回ってしまった場合の事です。

用語集へ戻る