切妻屋根 【きりつまやね】

【切妻屋根】とは、屋根の面に2つがあり、それらが真ん中で合わさった形をしている屋根のことをいいます。屋根の形としてはシンプルで、1つの面も大きいことから、太陽光発電パネルの設置には比較的向いています。特に、一方の面が南を向いているときは、その面にできるだけ多くのパネルを設置することで、多くの電気を発電できる可能性があります。

用語集へ戻る