片流れ屋根 【かたながれやね】

【片流れ屋根】とは、屋根の面が1つだけで、これが一方向に流れている形状の屋根です。屋根面が大きいので、傾斜が南向きであれば、太陽光発電パネルの設置に最も適した形状の屋根です。傾斜が北面の場合、設置しても十分に発電できない可能性があります。

用語集へ戻る