陸屋根 【ろくやね】

【陸屋根】とは、屋根が水平な形をしたもので、鉄筋コンクリートの家や、鉄骨造りの家などで多く採用されています。陸屋根は平らなので、設置の向きや傾斜を自由に設計でき、最適な配置をしやすいという特徴があります。また屋根の面積も大きいので、多くのパネルを設置できる可能性が高いです。

用語集へ戻る